腰痛・背中の痛みの症状

慢性的な腰痛の症状

こんなお悩みありませんか?

背中・腰の症状

  • 長引く腰痛がある
  • 長時間座ったり立ったりすると辛くなる
  • 腰だけでなく、お尻や足にも痛みや痺れを感じるようになった
  • 病院に行ったら椎間板ヘルニアの可能性があると言われた

このようなお悩みをお持ちの方は、是非、当院にご相談下さい。

デスクワークや立ち仕事、スポーツによる負担、妊娠中や生理中、生理前症候群など、腰痛の原因にはさまざまなものがあります。引き金となるポイントがあまりにも多いことに加え、また極めて頻繁に起こりうることから、腰痛は肩こりと並ぶ「日本人の国民病」と言われます。腰に痛みがあると活発に体を動かせないので、日常生活を送るにあたって強いストレスを感じることにもなるでしょう。

このような腰痛・背中の痛みには、その場しのぎのケアではなく根本的な治療が必要です。当院でも治療に対応していますので、腰痛・背中の痛みにお悩みの方はぜひ大和田接骨院にご相談下さい。

病院に通院しても治らない腰痛

上半身と下半身を支える腰に重く鈍い痛みがのしかかると、毎日の生活が億劫に感じられてしまいます。また、マッサージや痛み止め、湿布などを試しても一時的に楽になるだけで、しばらくすると症状が戻ってきてしまうこともあります。慢性的な腰痛に限らず、腰のトラブルには根本的な治療が必要です。まずは腰痛の原因をしっかりと確認し、それから適切な治療を受けることが何よりも大事です。

腰痛の原因は腰だけにあるとは限らないので、患部だけに触れていても根本的な改善は期待できません。特に慢性的な腰痛は普段からの姿勢の悪さや全身の歪みが原因となっているケースが多いため、これらの原因にアプローチできる治療を受けてこそ、本当の意味で腰痛を改善できるようになります。

当院でもご協力しますので、慢性的な腰痛にお悩みの方はぜひお気軽にご相談下さい。

 

椎間板ヘルニア

こんなお悩みありませんか?

  • 腰痛だけでなく、お尻や足にも痛みやしびれを感じるようになった
  • 病院で椎間板ヘルニアの可能性があると診断された
  • ヘルニア手術後のリハビリをしたい

椎間板ヘルニアは数ある腰痛の原因の一つであり、腰の痛みだけではなくお尻や足にかけて痛みや痺れなどの症状を伴います。また、坐骨神経痛の原因とも言われています。症状の程度も非常に深刻で、安静にすることすら難しいほどの苦痛を感じるようになります。整形外科で注射や痛み止めなどを処方されますが、「一時的な解決になったが症状は治らなかった」と悩まれている患者様も少なくありません。

私たちの背骨は無数の骨から成り立っていて、その間に軟骨「椎間板」があります。この椎間板が何らかの原因で外に飛び出し、周辺の神経を圧迫して起こる症状が椎間板ヘルニアです。主に加齢や運動不足が原因だと言われています。

椎間板ヘルニアを発症すると、腰やお尻、足にかけて激しい痛みや痺れなどがあらわれます。また、飛び出した椎間板の位置によって症状が異なるケースもあるため、治療を進めるには症状と場所の確認が必要になります。

日常生活に支障をきたすほどの症状があらわれる椎間板ヘルニアは、早めの対応と適切な対応が不可欠です。当院でも椎間板ヘルニアの治療に対応していますので、心当たりのある方はお気軽にご相談下さい。医療提携により、的確な診断と治療を提供致します。

早期治療が一番の近道です

病院では椎間板ヘルニアへの治療法として手術が行われます。椎間板組織はある程度の期間を過ぎれば自然に戻るケースもあるため、当院では、よほど深刻な状態でない限り、様子を見つつ痛みを抑える保存療法をおすすめしております。

腰やお尻、足と広範囲にわたって痛みや痺れなどの症状を伴い、さらには咳やくしゃみをしただけなのに激痛が走る椎間板ヘルニアの経過観察は、患者様にとっての負担が非常に大きいものです。症状を和らげるためにも当院での治療を受けてみてください。私たちがあなたの力になります。早めの対応が何よりも大切になりますので、症状にお悩みの方はぜひ一度お問い合わせ下さい。

急性的なぎっくり腰の症状

こんなお悩みありませんか?

  • ぎっくり腰になってしまった
  • 腰痛が酷く、ぎっくり腰になりそうな予感がある
  • 日常的に腰痛に悩まされている
  • 運動不足で身体を動かすことが少なくなった

 

ぎっくり腰は正式には「腰椎捻挫」「急性腰痛症」と言われています。

立ちあがったり重いものを持ったり前かがみになったりしただけでも、強く激しい痛みが走るぎっくり腰。そのあまりの辛さに動くことさえままならず、不安な思いを抱えて毎日を過ごされている方も少なくないでしょう。

急性的な症状であるため、保険を使って治療を受けられます

一度治療やケアをしても、何かのはずみで症状が再発してしまうケースもあります。こうして考えると、ぎっくり腰は数ある腰痛のなかでも特にデリケートなタイプだとも言えることから、極めて慎重かつ根本的な治療が必要になります。急性症状であるぎっくり腰は保険内治療となりますので、マッサージ店や痛み止め薬に頼っている方は、一度ご相談下さい。

普段から腰に負担をかけていませんか?

ぎっくり腰の再発が頻繁に起こる場合は、普段からの体調を見直してみましょう。特に慢性的な腰痛でお悩みの方は要注意です。慢性的な腰痛が長く続いていると、それだけ腰に大きな負担がかかります。適切な対応をしない限りその負担は段々と大きくなっていき、ついには限界を迎えます。そこで起きる症状が、まさにぎっくり腰なのです。

そのため、何度治療をしてもぎっくり腰が治らない場合には、慢性的な腰痛改善へのアプローチも必要です。普段から腰に負担をかけるような動作をしていないか、姿勢や骨格が歪んでいないか、細かくチェックしていきましょう。

当院では治療に入る前の問診・触診の検査を重点的に行っています。治療をおこなった後のアフターフォローも徹底しておりますので、症状にお悩みの方はぜひお気軽にご相談下さい。

 

Tel.0247-73-8853Mail
一番上に戻る

ブログFacebook