スポーツのケガ

保険適用となるスポーツのケガ

スポーツのケガには、「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」、この2つに分かれます。重要なのは「いつから」「どのようになって」痛みが起こったかというところです。保険を使えるかどうかは自己判断せず、一度、大和田接骨院へご相談下さい。当院で、問診・触診をさせて頂きます。

地域の皆様がスポーツに全力で打ち込めるよう、精一杯サポートさせて頂きますので、お気軽にご利用下さい。

スポーツ外傷

転倒や衝突などの明確な原因により起こったケガをスポーツ外傷(打撲・捻挫・脱臼・骨折・挫傷)と言います。応急処置であれば当院でも治療が可能ですが、骨折などの疑いがある方は、まずは医療機関でのレントゲン検査が必要です。

大和田接骨院では、地域の医師と連携を取り、最適な検査・治療を行っていきますので、最初に当院へご連絡頂いても問題ありません。信頼ある医療機関をご紹介致します。

  • 転倒してしまい、足をくじいてしまった
  • バランスを崩し、手をついた時にひねってしまった
  • ジャンプした時に、膝の裏を痛めた

ケガをしたあとはもちろん、安静がとても大切です。しかし、一般的なケガと異なるのは、大事な試合が近かったり、練習を休めないから治療に専念できないというお悩みが多いということです。大和田接骨院では、そんなアスリートならではの考えを理解し、身体を治しながらも適度なトレーニングができるようにサポートさせて頂いております。スポーツ外傷治療はもちろん、リハビリもおこなっていますので、一度ご相談下さい。症状が回復した後に、普段以上の成果をさせるように、パフォーマンスアップを目的としたリハビリを提供いたします。

 

保険適用外となるスポーツの故障

スポーツ障害

スポーツを続けていくと、身体の同じ部位に負担がかかり、それによって痛みが出てしまうことがあります。野球肘・野球肩、シンスプリント・ジャンパー膝、成長痛・疲労骨折などがスポーツ障害の例としてあげられます。

  • 投球練習をしていたら、肩や肘が次第に痛み出した
  • 軽い痛みだったので我慢していたが、痛みが強くなってきた
  • 安静にすれば治ると思っていたが、なかなか症状が改善しない

スポーツ障害は、痛みさえとれば良いというものではありません。その方が普段、どのようにスポーツをされているのか(トレーニング方法やフォームなど)によって、今後再発してしまう確率は変わってきます。もちろん、そこにはその方の「筋力バランス・柔軟性・骨の形態」が関連してくるため、痛みをとるだけでなく、様々なチェックをしていく必要があります。それを調べたうえで、無理なトレーニングになっていないか(練習時間・メニューの見直しなど)を確認していきます。

スポーツ障害で多いのは成長期のお子さんです。この時期に無理をし過ぎてしまうと、後々大きな悪影響を及ぼす可能性もありますので、親御さんは注意しながら見守ってあげて下さい。大和田接骨院では、親御さんや顧問の先生方に色々とご相談をさせて頂き、最適な治療ができるような環境を作っていきます。

Tel.0247-73-8853Mail
一番上に戻る

ブログFacebook