ブログ

2018.02.16

靭帯ってなに?

こんにちは。院長の大和田です。

今日は、靭帯(じんたい)について、お話しします。

 

皆さん「靭帯断裂」とか「靭帯損傷」とか、言葉はよく耳にすると思うのですが、

靭帯って、どこにあって、何をしている部分か、ご存知でしょうか?

 

靭帯「ligament」(リガマント)は、ラテン語のligare=縛る という言葉に由来します。

靭帯は、関節の保護器官で、運動時の安定性を与えます。

つまり、関節運動の自動安全装置のようなものです。

 

 

ただし、靭帯は筋肉と違い、意識してコントロールする事は出来ません

 

膝の場合、膝関節の外には、内側と外側に側副靭帯(そくふくじんたい)

関節内には前後の十字靭帯(じゅうじじんたい)があり、

側副靭帯は左右の安定性を保ち、関節内の靭帯は前後の安定性を保ちます。

 

 

全ての靭帯が、関節運動の可動性が過度に生じても(通常想定以上に関節が動いても)

関節の溝から骨が脱臼しないように、骨の運動に急ブレーキをかける役割を持っています。

特に、急ブレーキであって、段階的なブレーキじゃない事も重要で、

関節の動きを邪魔しない、あくまで関節の可動範囲を超える様な時にのみ

急ブレーキをかけて関節を守る働きをします。

 

わかりづらいので、例え話をすると、

走っている時に転び、足首を捻挫(ねんざ)しそうになる時、

その過度で急激な動きを、靭帯が限界で止めます。

 

 

しかし、その衝撃が強ければ、靭帯自体が切れてしまうこともあります。

このように、靭帯の限界を超えてしまった場合、靭帯損傷(靭帯断裂)になります。

 

以上、靭帯についてのちょっとした説明でした。

Tel.0247-73-8853Mail
一番上に戻る

ブログFacebook